工務店のホームページに求められること
社長の想い伝わってますか?

家づくりには多くの過程が存在します。その一つ一つに拘りを持って取り組まれている社長の想い!今のホームページで伝えれてますでしょうか?もっと言うと、しっかりとお客様に届いてますでしょうか?一般的にホームページの滞在時間をどんどんと短くなっています。そのようなお客様の行動に合わせたホームページ作りをしなければ、いくらつらつらと文章を書いていてもお客様には届きません。

このような社長は要注意です

  • ホームページには自社の考えを存分に盛り込んだ
  • 過去の施工事例も数多く取り入れた
  • ホームページにはあまり期待をしていないがとりあえず作った
これまで工務店様のホームページを数多く制作し、見えたきたのは上手くいったところと、そうでないところの違いです。ホームページを作るということは、お客様とお会いする前に評価されているということを理解しなければ、失敗します。
工務店の社長

制作目的タイプ

ホームページ制作をする前に、整理しておかなければならないのが目的です。ここではよくあるタイプを挙げました。工務店のホームページといっても大きく分けて下記のような区分が目立ちます。そうです!工務店のホームページのほとんどが、お客様との最初のキッカケを創出するツールです。

完成見学会へ集客したい工務店社長

完成見学会へ集客したい

工務店のホームページに多いタイプです。やはり家という特性上、資料だけ見てというよりは、実物を見ながらイメージを膨らませるのが早いでしょう。コロナの問題はありますが、工務店側・お客様側の双方にとって会話が弾みやすい空間に違いありません。だからこそ、競合も同様の手法を施してきますので、自社の完成見学会では何が得られるのか?優位点は何なのか?拘っていきたいポイントです。

セミナー・イベントへ集客したい工務店社長

セミナー・イベントへ集客したい

お客様は家づくりの情報収集に余念がありません。WEBに書かれていることを片っ端から読んでみても、どうしてもわからないことや、さらには迷走してしまうことも。そのような場合には、工務店が主催するセミナーで勉強することも選択肢の一つです。セミナーでは当然素人では気付かない部分や、プロの目線でのアドバイス等で、満足感を高めます。それが信頼となり、安心へと繋がっていきます。セミナーの内容はもちろん、その運営方法にも拘りたいポイントです。

建築事例推したい工務店社長

建築事例推し

圧倒的なデザイン訴求ができるのも工務店ならではです。これまでに手掛けたものを、どんどんと訴求しづづけることが、まだ見ぬお客様へのアピールへと繋がります。ホームページで如何にストレスなく魅せるかがポイントとなります。

工務店ホームページ制作で選ばれる10の理由工務店ホームページ制作で選ばれる10の理由

01
工務店のSEOに強い

SEOに強い

02
ホームページ制作納期が早い

納期が早い

03
ホームページ制作料金が安い

料金が安い

04
ホームページの保守管理強制無

保守管理強制無

05
ホームページ操作マニュアル有

操作マニュアル有

06
工務店集客全体設計構築可

集客全体設計構築可

07
ドメイン所有は工務店社長

ドメイン所有はお客様

08
ホームページ制作対応時間柔軟に対応

対応時間柔軟に対応

選ばれる理由を詳しく見る

ホームページ制作タイプ

工務店サイト制作(テンプレート仕様)

公式サイト制作(テンプレート仕様)

一般企業のホームページに大切なことは奇をてらわないこと。正しい情報が求めているユーザーにきっちりと伝わる導線が重要です。テンプレート仕様となりますので、ある程度の枠組みが既に構築されており、コンテンツをはめ込んでいくだけで、ユーザーへの訴求が高いホームページが制作可能です。

工務店サイト制作(オリジナル仕様)

公式サイト制作(オリジナル仕様)

公式サイト制作(オリジナル仕様)とは異なり、1から作り上げるものとなり、独自の色が出せます。大切なことは変わりませんが、デザイン訴求が強いビジネスにおいてはオリジナル仕様の方が、イメージを形にしやすいでしょう。

工務店ランディングページ制作

ランディングページ制作

主に広告運用の際に用いられることの多いランディングページ。今では、サイト内の1ページだけデザイン訴求を高めたいということでランディングページを組み入れるケースも増えています。大事なことは運用面でどのような使い方をするのか?全体設計を元に必要であればランディングページも制作しましょう。

工務店コンテンツサイト・ポータルサイト制作

コンテンツサイト・ポータルサイト制作

デジタルマーケティングで制作しようとすると、やはり公式サイトだけでは難しいでしょう。公式サイトへ流入を促すようなコンテンツサイトやポータルサイトといった圧倒的にアクセスを集めやすいサイト構築はステージを上げてくれます。ここにもSEOノウハウを詰め込んで制作することが重要です。

工務店のホームページ制作に関するよくあるご質問
工務店のホームページ制作費用はいくらぐらいですか?
弊社実績としては、50~80万が相場の価格帯となっております。ご予算に応じた対応も極力させて頂いておりますので、お気軽にお申し付けください。
工務店のホームページ制作で気を付けるポイントはありますか?
ホームページでのゴール設定を明確にすることです!年間施工数が50棟程度までの工務店であれば、色々なものを盛り込まずに、明確さを打ち出すべきです。完成見学会への集客をゴールとしたいのか、セミナーへの集客をゴールとしたいのか、などホームページでのゴールは家の契約をすることではなく、まずはお客様とのリアル接触を取り付けるための窓口です。是非そこを履き違えずにホームページを構築して頂きたいと思います。
伝えたいことが沢山ありますが、大丈夫でしょうか?
魅せ方が重要となります。全ての情報をホームページに記載する必要はありません。お客様がホームページを見て、気になる!もっと詳しく知りたい!と思って頂けるようなホームページ上での魅せ方が重要です。
結局ポータルサイトが強くなりませんか?
建築業界でも、ポータルサイトの存在が大きな影響を与えています。しかしながら、ポータルサイトのような画一的なものだけではお客様は意思決定できません。ポータルサイトと公式ホームページの併用で、接触回数を増やし実際の繋がりを強めていく必要があります。

工務店専用SEO対策のポイント

これまで数多くの工務店様のホームページ制作を行ってきましたが、それ以上に取り組んで参りましたSEO対策。
BTC-designが作るホームページがSEO対策によって上位表示されやすいのには理由があります。本当のSEO対策ノウハウを理解し、その対策を施し易い構造で納品することをデフォルトとしております。

内部構造

point01 サイト構造
(極力浅い階層が上位表示し易くなります)
point02 内部タグ設定
(ページ各々に適したものを入れる必要があります)
point03 h1タグテキスト設定
(画像ではなくテキスト化する必要があります)
point04 テキストバランスの最適化
(画像とテキストをバランスよく配置する必要があります)
point05 軽量化
(画像や動画の埋め込みは、圧縮したものを用意する必要があります)
point06 マークアップ
(Googleに情報伝達のためのタグを設置する必要があります)

SEO対策のためのデフォルト設計

上記で述べたSEO対策のポイントを踏襲し、SEO対策を施しやすい状態にしてホームページを納品いたします。

サイト構造

制作後にはなかなか修正することができないのがサイト構造です。SEOで様々なキーワードでの上位表示を目指すのであれば、極力浅い構造が理想的です。工務店ホームページで良く見られるお客様の声や施工事例ページですら、できる限り第一階層での設定を致します。

内部タグ設定

内部タグとは基本的に、ページそれぞれに設定することのできる、タイトルタグ・ディスクリプションタグを指します。これらのタグを各ページそれぞれ個別具体的に入力することをGoogleは推奨していますが、世の中ほとんどのサイトがシステム上ほぼ同じものが入力されています。BTC-designが制作するホームページでは、各ページそれぞれ個別にオリジナルのものが入力できるように設定されています。

h1タグテキスト設定

前述した内部タグ設定と基本的には同じことですが、多くのサイトがPC閲覧時に右上ロゴを配置して、そちらをh1と設定していますが、基本的にはh1タグはテキストが推奨されています。もちろん各ページそれぞれオリジナルのものでなければなりませんので、共通ヘッダーを採用していると全ページが同じとなってしまいます。それらの弊害を防ぐための仕様が既に実装されていますのでご安心ください。

テキストバランスの最適化

公式サイトにおいては、画像とテキストのバランスが非常に重要となります。工務店のホームページでは、ビジュアル面での訴求を高めるが故に画像を多用しているケースがあります。SEOでの上位表示を望むではあれば、基本的にはテキストが重要な要素となりますので、ある程度のボリュームは確保したいところです。

軽量化

スマホ閲覧が主流になった今、ホームページの軽量化、いわゆる表示スピードが求められています。この辺りは技術的なことになりますので、普段やるべきことは無いかもしれませんが、制作時には必ず画像データ等の圧縮を掛けて使用いたします。当たり前のことですが、その当たり前ができていないことが多いのがホームページ制作業界なのです。

マークアップ

基本的なタグの設定はもちろん大事ですが、そのタグの内容をしっかりと発信をしてGoogleに伝えていかなければなりません。そのために専門的な構造が存在しますが、まだまだ浸透しておらず、誤ったものが入れ込まれているケースもあります。BTC-designが制作するホームページでは、マークアップのためのソースを入れ込む仕様が実装されています。

これらのことを、BTC-designではデフォルトの設定として納品させて頂いております。
ホームページを上位表示させるためには日々の運用や対策が重要となります。その土台となるホームページの骨格に関しては安心してお任せください。

不用品回収ならハンディーへお任せ
まずはお気軽にお問い合わせください
24時間メール受付中 無料相談・お見積り